Shard












Pigment Print

Edition: 1 AP 2



Shard
Solo Show
2015

fotofever
Exhibiter:EMON Photo Gallery
Paris




























Shard

All beginnings are the ending of something, and the completion of something is also the birth of a new story.

Flower buds are as the stars of the universe.

Blossoming forth into owers; wilting; leaving behind a new seed.

Named after the universe itself, cosmos owers teach us of the strength to persevere with one’ s own evolution in the
face of overwhelming adversity.

Kiiro. 2015




For this series, I considered the inner space within ourselves as a theme for the title, and settled on the name ‘Shard’.

Cosmos flowers bloom in the Japanese autumn. They are in full bloom for only one week out of the year. During this week I photograph them extensively, and the rest of the year is spent creating my artworks.




As my hands move, I find myself excited and surprised about what kind of visions present themselves before my eyes. At these times, perhaps there are even moments when I can rejoice at the new worlds unfolding before me, at the joy of creativity itself, and at the experience of existing as my true self in that moment.




My work is created via a melding of digital and analog elements. The process involves repetitious drawing and deleting, depicting and erasing. The layered elements that form over the photographs are a clutter of remains?shards?left behind after this process of sculpting and carving away. These layers of shards are what finally become the work itself.




The universe I experience through cosmos flowers is one of perseverance; the strength to withstand the beating elements and reach ever upwards toward the light. Sweet, fragile flowers blossom amid the tangled chaos of root and stem, the turbulence of which somehow brings back memories of my childhood. Cosmos flowers taught me the strength to push on and evolve, no matter the adversity. At 30 years of age and with nothing, they gave me the courage to start again. I had never presented any of my art during my twenties, but when I finally found what moved me, what I found to be beautiful, I began to take actions towards making my work public. My encounters with cosmos flowers enabled me to change my life.




Countless shards of light captured by my camera are pieced together using analog and digital techniques into a single artwork.Cosmos, coming from the Greek cosmo, means world or universe. Interpreting the universe in terms of light and dark, the chief motif of this work is to express the heart and mind of my childhood self.




「Shard」ステートメント

全ての始まりは何かの終わりであり、

何かを終わらすことで新しい物語が生まれてくる。

蕾は銀河に存在する星星のよう。

蕾は花を咲かせ、枯れて生き、新しい種を残す。

どんなに打ちのめされても、自らを進化させる力強さを、

宇宙の名を持つ花「コスモス」は教えてくれる。

Kiiro. 2015




今回、自分の中の宇宙観をタイトルにしようと思い、「Shard(欠片)」としました。

日本の四季の秋の季節にコスモスは咲きます。
コスモス畑が満開になるのは、一年で1週間くらしかありません。
その間に集中的に撮影を行い、一年かけて制作をしていきます。




手を動かして次はどういったビジョンが目の前に現れるのかを、
自分自身がワクワクしたり驚いたり、楽んでいる感じがあります。
そこに、まだ今までみたことのない世界が広がってきたら嬉しいし、創作することの喜びを感じられ、自分自身でいれることの喜びを実感できる瞬間でもあるかもしれません。




制作の中では、描いては壊し、描いては壊しの繰り返しです。それは、油絵の塗り重ねの方法論と同じなのですが、いったん描いたものを壊して、その繰り返しで出来た層の厚みの中に残った欠片が、 最終的には作品となり仕上がっていきます。




自分がコスモスから感じる宇宙というのは、て立ち向かう力強さと、その中で可憐な花を咲かせ、混沌とした姿に、自分の子供の頃の記憶が呼び起こされた体験でした。どんなに打ちのめされても、自らを進化させる力強さを、コスモスから感じ、30歳の当時、知り合いも何もなかった自分は、まだ今からだって一から新しい事が始められる、挑戦することが出来ると、勇気をもらいました。そこから、20代の頃は制作していても発表はしたことがなかったのですが、自分はこういうものに感動し、こういったものに美しいと感じているんだということを、自分からアクションを起こし展示発表して行こうと思いました。コスモスと出会った事で、自分の世界を変えて行こうという挑戦する勇気をもらいました。




カメラに写る光の欠片を、アナログとデジタルによって繋ぎ合わせ一枚の作品を制作。コスモスの語源であるコスモ(宇宙)を『光と闇』で捉え、自身の子供の頃の『心』の表現が主なテーマです。