OPERA


















「OPERA」
Pigment Print

Large  574×858mm
Medium 391.4×584mm
Small   355×279mm
Edition:Large 5 Medium 15 Small 30



SOLO EXHIBITION
“OPERA ” EMON FHOTO GALLERY・Tokyo
2011





ART FAIR
“+PLUS THE ART FAIR(プリュス・ジ・アートフェア) ”
・Tokyo
2011





ART FAIR
“TOKYO FRONTLINE 2012”
・Tokyo
2012





























[OPERA]

Cosmos is my favorite flower.

I produce each image of cosmos through a process of overlaying numerous layers and pruning away at them, just like with an oil painting. I attempt to guide the inherent beauty of my subject into the viewer. When attempting to visualize the invisible and inaudible by overlaying numerous layers of time and space into the photograph, I can feel a symphony that combines the two opposing elements of “fantasy” and “reality”, melting them into each other in the appearance of the cosmos.

Moreover, the music that cosmos depict waft a touch of sadness in addition to the clairvoyance, just like a conversation between theater actors in the midst of an ensemble of a duet, trio or quartet. It is comedic to claim that a flower may sing, but my heart is soothed and it melts when I look at a cosmos field. Perhaps, the cosmos are singing a tragedy, harboring something like sarcastic resignation in regards to these works. We can, for example, feel nostalgic about a scenery we look at for the first time. The memories and feelings of when I was a child, is the main theme for my works.

My photographs are based on photo-montage, but elements of painting are also employed with an emphasis, in order to produce certain visual effects that make expression possible. With an influence from literature and music too, my photographs come into being through a combination of different art forms.

I present to you a world effected through free creative acts.

Kiiro

June 2011



コスモスは一番好きな華。

私はそれぞれのコスモスのイメージを、油絵に描かれた絵の具のように何層にも塗り重ねては削るプロセスを用いて 製作しています。対象の内在した美しさを観る者に視覚的に導いていこうと試みます。

写真の中に何層もの時間と空 間を塗り重ね、
見えないものや聴こえないものを視覚化し引き出そうとした場合に、コスモスの姿は、まるでその内部に 【空想と現実】この2つの対立する要素を溶け合わせ奏でる様なシンフォニーを感じ深化させてきました。
また、コスモスが描く音楽は、二重唱、三重唱、四重唱などのアンサンブルで交わされる舞台役者の会話のように、 そこには華やかさだけではない一抹の物悲しさを漂わせている。
華が歌うとは可笑しな話で喜劇には違いないのです が、コスモス畑を見ると何故か心が落ち着き、私の心は溶けてしまいます。もしかしたらコスモスはこの作品に、どこか 皮肉めいた諦めのような気持ちを抱いて悲劇を歌っているのかもしれません。
私たちは、たとえば初めて見る景色にも 懐かしさを感じることもあります。子供の頃の記憶や感情は、私の作品の主なテーマです。

私の写真は、フォトモンタージュがベースとなっていますが、表現する上で重要な要素となる視覚的な効果を得るため に、絵画の要素も重点を置いて用いられています。
また、文学、音楽の影響も受けており、私の写真は多くの芸術形態から成立しています。

自由な創造行為によってもたらす世界を紹介します。


Kiiro